前へ
次へ

まず治療費を確保すること

総入れ歯を選択するしか道がないのなら、インプラント治療も考えてみましょう。もちろん、どんな治療にもメリットやデメリットはあります。入れ歯も、型を作って装着すればいいだけのようにイメージされがちですが、歯科・歯医者いわく、上顎と下顎の治療の難しさをあげています。やはり吸着しやすいか否かで、下顎は歯茎に吸着させる必要があります。たかが入れ歯ですが、治療には難易度があるものです。義歯となるブリッジも支えになる前後の歯の状態次第で治療の難易度が変わります。特に最奥歯(親知らず)には不適合だといいます。だからこそインプラント治療なのでしょう。最終的にこの段階でインプラントを提案する歯科・歯医者が少なくありません。それでも患者さんによっては不利になる場合があります。それは、高額となる治療費で、保険適用外となる場合が多いようです。もちろん、高額医療費控除についても説明してはくれますが、現金(自費)での治療費の支払いができないケースもあります。

Page Top