前へ
次へ

歯を失う原因の歯周病は早めの予防対策が大切

30代以上の大人の半数以上がかかっているともいわれるのが「歯周病」です。歯周病は、歯肉炎、歯周炎など歯肉に起こる病気を総称したものです。歯周病の初期段階にはほとんど自覚症状がないのですが、重度まで進行すると大切な自分の歯が抜けてしまいます。歯を失う原因ではひどい虫歯が知られますが、歯を失う理由では歯周病が最も多くなっています。そのため、大人は歯茎が健康なときから歯周病予防に力を入れることが大切です。歯周病は歯肉炎から歯周病へと進行していきます。はじめは口腔内に常在する歯周病菌が歯垢の中で増殖し、歯肉に軽い腫れや赤みを引き起こす歯肉炎にかかります。痛みはないので気付きにくいのですが、この段階で丁寧にブラッシングし歯茎の血行を促進させることで歯肉炎を容易に治すことが可能です。しかしケアが不適切だと歯垢が硬い歯石に変わり、その歯石の中で歯周病菌が増殖するので、歯と歯茎の境目に炎症が起こって深い溝(歯周ポケット)が生じてしまいます。この段階が歯周炎です。さらに歯周炎が歯茎の深部まで進行していくと、歯の根元にある神経や歯骨が侵され、強い炎症を起こして化膿や出血、口臭を伴います。この状態がテレビCMなどでもよく目にする歯槽膿漏です。歯骨が侵されると歯が支えられなくなり、歯がぐらぐらし始め急に抜け落ちてしまいます。歯が抜けると入れ歯やブリッジなどの義歯を入れなければなりません。歯周病は、症状が進行するほど治療の負担が大きくなるので早期発見をして進行を食い止めることが大切です。歯茎の軽い炎症ならブラッシングや歯石の除去で大きな負担もなく治療できます。しかし歯周炎に移行すると歯周ポケットにたまった歯石や歯周病菌をかき出したり、炎症の起きた歯肉を切開するなど治療が必要となり、長く歯科に通院しなければならなくなります。歯槽膿漏まで進行すると外科的な治療からは逃れられません。また、歯が抜けた場合には入れ歯やブリッジ、インプラントを入れるため治療費も高額になってしまいます。歯周病の主な原因は不適切なオーラルケア、喫煙や不規則な生活習慣などです。歯周病は自身の心がけで十分に予防できる病気なので、将来の歯の健康を考え若いときから丁寧な予防対策をしていくことが大切です。

患者様目線の治療を行う荻窪の松崎歯科
患者様への治療説明も丁寧なため、安心して治療に臨めます。

安心して荻窪にてインプラント治療を受けられるデンタルクリニック

生活を支える総合歯科治療

削らずに再発防止に努める歯科治療
歯を残しつつ虫歯を除去していきます

綾瀬 歯医者

Page Top