トリキュラー情報ネット

生理予定日予測が出来るトリキュラーと超低用量ピル

現在女性の避妊薬として日本でも普及し始めた低用量ピルですが、そのひとつにトリキュラーがあります。
トリキュラーは国内では低用量の中では最も一般的に処方されているものの一つで、副作用が少なく安全性が高いとされています。
トリキュラーをはじめ低用量ピルの服用は避妊効果を発揮する以外にも、生理痛を軽減してくれたり、ニキビや肌荒れを改善してくれたりと女性にとって嬉しい効果がたくさんあります。また、長期的に服用すると月経血の量が減少したり、卵巣がんの予防につながったりといった副効果的にうれしいメリットもあります。
ですが、そのような長い目で見たメリットだけでなく、飲み始めてすぐに実感するメリットがあります。それは生理予定日の計算が飛躍的に簡単になるということです。これまできっちり28日周期だったという人にはあまり関係がないかもしれませんが、普通周期が決まっている女性でも体調によって生理が予定通りに来なかったりしてそのたびにまた予定日を計算しなければいけないといったことが生じてしまいます。
ですが、トリキュラーを服用すると、必ず休薬期間中に生理が来るようになるため、煩わし生理予定日の計算が不要になります。
また、最近では低用量ピルのほかに、さらにホルモン含有量を減らした超低用量ピルというものも普及し始めています。超低用量ピルは低用量ピルの3分の2程度のホルモン量に抑えられているため、より体にホルモンの影響による負担が少ないようになっています。
ただし、超低用量ピルを服用する際は低用量ピルよりも毎日の服用時間を厳密に守る必要があります。ホルモン含有量が少ない分、時間のずれによる避妊効果の減弱が起こりやすいので、どちらを選ぶかは体質や生活スタイルを考慮して決めるのが良いでしょう。