トリキュラー情報ネット

低用量ピル(oc)のトリキュラーは病院で処方されます

低用量ピル(oc:oral contraceptives)は女性ホルモンを含有するホルモン製剤で、毎日1錠ずつ同じ時刻に服用することで排卵を抑制し、避妊効果を得ることが出来ます。この低用量ピル(oc)は日本だけでなく世界各地で安全性の高い、有効な避妊薬として使用されています。
中でもトリキュラーは低用量ピル(oc)の代表的な種類の一つであり、避妊目的としてだけでなく生理痛軽減や生理周期の変更、子宮内膜症の治療などの目的でも使用されています。
トリキュラーを始めとする低用量ピルは、日本国内では病院を受診して薬を処方してもらう必要があります。ピルは婦人科や産婦人科、時には皮膚科などでも処方されていますが、受診前に病院のホームページで確認するか、電話で確認をしてから受診した方が確実です。
トリキュラーは低用量ピルの中では非常にメジャーなため、ピルを取り扱う病院の多くで処方してもらうことができます。トリキュラーが無い場合でも、トリキュラーと同様の3相性のタイプのアンジュなどのピルを取り扱っている場合が多いです。
もし、どうしても病院を受診したくない、する時間が無いという人は、海外から個人輸入をするという方法もあります。この場合、個人輸入代行サイトなどを利用して購入することができ、病院で処方してもらうよりもかなり安く購入することができます。
しかし、個人輸入で薬を購入し使用する場合、医師の診断や指導がないため、薬のことをしっかりと理解しておく必要があり、なにかトラブルがあった際には自己責任となってしまう点を良く理解しておく必要があります。
心配な方は最初だけでも病院を受診し、医師に今後は個人輸入で購入してピルを使い続けたい旨を伝えておくと何かあった時に対処しやすく安心です。