トリキュラー情報ネット

トリキュラーを継続利用するならネット通販がおすすめ

避妊薬のトリキュラーは、正しい服用方法を守らなければいけません。
正しい方法で服用することにより、100%に近い確率で、避妊をすることができます。
トリキュラーのような避妊ピルを正しく服用するための方法とは、毎日決められた時刻に1錠飲むことです。
飲み忘れるとトリキュラーの効果が失われてしまうので、服用しやすい時刻に忘れずに飲みましょう。
しかし、継続的に服用することで高い避妊効果を期待できるトリキュラーには、経済的な負担が重くなる問題点があります。
トリキュラーは、保険が適用されない医薬品です。
病院で医師の処方を受けると、保険が適用されないために、全額自己負担になります。
一般的な医薬品よりも高額になるので、女性にとっては経済的な負担が大きくなるのです。
そのため、経済的な理由から、トリキュラーの継続利用を諦めてしまう女性もいるでしょう。
しかし、継続利用を諦めてしまっては、ほぼ100%の避妊効果は期待できません。
確実に避妊をしたいなら、経済的な問題を解決して、継続的に利用しましょう。
トリキュラーを継続的に利用するなら、ネット通販がおすすめです。
ネット通販では、海外から個人輸入をして入手するので、病院で処方されるより格安で購入できます。
病院では診察代などを含めると1ヶ月で5,000円ほどしますが、ネット通販なら1ヶ月分を2,000円前後で購入可能です。
約半分ほどの価格で購入し服用できるので、これなら多くの女性が継続的に利用し、避妊することができるでしょう。
経済的な負担が大きくなると、正しい方法を守らず服用しがちです。
しかし、トリキュラーが持っている高い避妊効果を得るためには、経済的な負担を軽くして正しい方法で服用しましょう。

避妊薬を通販サイトで買う際の注意事項

トリキュラーをはじめとする避妊薬は、その薬に疾病を改善する効果があり、
その疾病を治療する目的で患者に処方される場合に保険が適用される可能性がありますが、
避妊を目的に使用する場合は保険適用の対象外となっており、入手費用は全額自己負担となります。
そのため、女性の中には通販サイトから外国製の避妊薬を購入してくる人もいます。
インターネットの普及によって外国製の避妊薬は通販サイトを通じて簡単に手に入れられるようになりましたが、入手にあたっては通販サイトに記載されている注意事項を遵守し、入手後は添付文書に目を通したり、インターネット上で製品について調べるなどして、手に入れた製品の性質をよく把握してから使用しなければなりません。
医薬品は使用の仕方を間違うと、薬の作用が原因で重い疾患にかかったり、最悪の場合は死に至ることもあるからです。
仮に重い疾患にかかった場合であっても、国内の医薬品の副作用が原因で起こったものではないことから、
健康被害を救済する制度の対象にはなりません。
トリキュラーをはじめとする避妊薬を通販サイトから買う場合は、個人輸入という形になります。
日本では法律により、個人が医薬品を輸入する際には、原則として薬監証明の取得手続きなどを踏まなければなりませんが、
避妊薬のような日本で処方せん医薬品となりうる製品については、
用法と用量から見て1ヶ月分に相当する量であれば薬監証明が不要となっています。
これをトリキュラーをはじめとする避妊薬にあてはめると、
21錠タイプ1箱分あるいは28錠タイプ1箱分の量であれば面倒な手続き無しに購入できる計算になります。
通販サイトでは1回の注文で数個分をまとめて注文することができますが、
このような輸入量の制限から、自宅には何度かに分けて届けられることになります。

女性ホルモンと避妊薬の関係

経口避妊薬は毎日服用することで妊娠を防ぐお薬です。
全世界で1億人以上の女性が服用しています。
経口避妊薬の中でも有名なお薬は「トリキュラー 」です。
では、トリキュラー と女性ホルモンにはどんな関係があるのか気になります。
トリキュラー には卵胞ホルモンであるエストロゲンとしてエチニルエストラジオールが含まれています。さらに、黄体ホルモンであるプロゲストーゲンとしてレボノルゲストレルが含まれています。
この卵胞ホルモンと黄体ホルモンが避妊に効果があるのです。卵胞ホルモンと黄体ホルモンが上昇すると排卵や受精卵の着床を抑制し、子宮に精子が入りにくい環境にします。
つまり、妊娠しているようなホルモンバランスにすることで避妊することができるのです。
毎日決まった時間に21日間または28日間服用しなければいけませんが、避妊率はほぼ100%であると立証されています。
しかし、一時的に妊娠しているようなホルモンバランスになるので、経口避妊薬の副作用として吐き気や嘔吐といった妊娠中特有のつわりのような症状が見られることもあります。
しかし、トリキュラーはこのような副作用を抑えた低用量ピルなので、多くの女性が避妊を目的として服用しています。
また、避妊薬は生理周期を整えたり変更することにも利用されます。
生理周期が不順で不正出血を起こしやすい女性や、旅行やイベントに行くために生理周期を変えたい女性に処方されることがあります。
卵胞ホルモンと黄体ホルモンを上昇させることによって、更年期障害にも効果があるとされています。
女性ホルモンと避妊薬の関係は単に妊娠を防ぐだけではなく、女性特有の体の症状に効果があります。
毎日服用するのは大変ですが、その効果は実感している女性がたくさんいます。
■通販で薬を購入
レボノルゲストレル
アイピルをまとめ買い